« 日本インターネット映画大賞 外国映画投票 | Main | 大晦日の番組 »

December 30, 2008

日本インターネット映画大賞 日本映画投票

일본인터넷영화대상 일본영화 투표

日本インターネット映画大賞への投票です。
なんと今年劇場で観た日本映画は5本行ってませんでした。
やむなく、私が今年CSで観た昨年公開の映画も作品賞に入れます。


[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「接吻 Seppun  」    9点
  「僕の彼女はサイボーグ」   6点
  「歓喜の歌     」    4点
  「自虐の詩     」    3点
  「ボディジャック   」   1点
 
【コメント】
「接吻 Seppun」は何しろ小池栄子がすごいし、トヨエツ演じる殺人者の描き方が秀逸だった。一家皆殺しのくだり、血の一滴も見せずにあの恐怖感。

「僕の彼女はサイボーグ」。クァク・ジェヨン監督の彼女シリーズ3作目。前2作の彼女より、綾瀬はるか演じる彼女のほうが好感が持てた。ロボットですから素っ頓狂なのもご愛嬌。いい話なんだけど、ラストに余計なつけたしが入ったと思う。

「歓喜の歌」。小林薫が小役人を好演。笹野高史や筒井道隆をあの役でつかうのは贅沢だなあ。落語ならいいかもしれないけど、いくらなんでもありえない設定なのがちょいと気になる。初コンサートのアマチュア合唱団が大ホールの入場券を手売りで完売させるってすごすぎ。

「自虐の詩」。CSで鑑賞。原作漫画を読んで幸江はなんとなく西の出身だと思っていたのに、東北出身の設定にしていたので、ちょっと違和感があったが、ラスト近くの熊本さんとの再会シーンでの東北弁にホロリと来た。アジャコングがよかった。
あのラストではまるでイサオが真人間になったみたいだけど?

「ボディジャック」
http://u-maa.txt-nifty.com/orimujung/2008/11/post-757b.html

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [該当なし] (「        」)
【コメント】

【主演男優賞】
   [該当なし] (「        」)
【コメント】

【主演女優賞】
   [小池栄子] (「接吻 Seppun」)
【コメント】
すごかった。もっといろんな役を演じているのを観たい。

【助演男優賞】
   [伊藤淳史] (「歓喜の歌」)
【コメント】
いい感じで公務員を演じていた。

【助演女優賞】
   [該当なし] (「        」)
【コメント】

【新人賞】
   [柴田光太郎] (「ボディジャック」)
【コメント】
いい演技だった。今までの経験は伊達ではなかったですね。

【音楽賞】
  「該当なし」
【コメント】

-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [該当なし] (「        」)
  「           」
【コメント】

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

« 日本インターネット映画大賞 外国映画投票 | Main | 大晦日の番組 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71697/43571291

Listed below are links to weblogs that reference 日本インターネット映画大賞 日本映画投票:

» 2008年のまとめ・日本インターネット映画大賞 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
年末年始が大忙しだったんで、ようやくUP(爆)あけまして、映画『HERO』出演でございます。2008年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。下線をクリックするとレビューへ飛ぶ。 なぜ個別にしないかって? めんどくさいからw2007年はココ 2006....... [Read More]

« 日本インターネット映画大賞 外国映画投票 | Main | 大晦日の番組 »

本の紹介(脈絡なし)